アシナガバチ駆除は蜂の巣対策が必須!

駆除は業者に任せるのが最善の対策方法

アシナガバチの蜂の巣駆除は、専門の駆除業者にお任せしたほうがいいです。駆除業者ならば様々な所にある蜂の巣に対応できるので、確実に駆除することができます。屋根裏に蜂の巣が見られる際、業者は懐中電灯を使用してハチを蜂の巣へと誘導してまとめて駆除を行なうのです。 人が入れない狭い場所では、ファイバースコープで状態を確認して駆除します。業者に任せておけば蜂の巣を駆除する時に、家を傷つけてしまう心配はありません。駆除を行なった後は、戻り蜂を駆除するために薬剤を散布するので再発するリスクも防ぐことが可能です。

ハチ

ハチ駆除業者に依頼した方が良い理由

アシナガバチの蜂の巣駆除は、自分達で行なうよりも駆除業者に依頼すれば2つのメリットがあります。

①安全で確実に駆除してくれること
業者ならば駆除に必要な機材や、防護服を持っているので作業中に被害を受けることはありません。も
②同再発防止を行なってくれること
何度も駆除するのは大変ですし被害が大きくなるので、業者に予防してもらえるのが安心です。

アシナガバチってどんなハチ?

庭にハチが飛んでくると子供達が被害に遭う危険性があります。子供達の安全のために、駆除するだけでなく対策する方法を身につけましょう。

アシナガバチの特徴

アシナガバチの体は、他のハチと比べてすらりと細いという特徴があります。身軽そうな体をしていますが、小回りは利きませんし早く飛ぶことはできません。スズメバチよりも凶暴性や攻撃性は高くないので手を出さない限りは被害に遭うことはないでしょう。ですが、蜂の巣を守るために威嚇して刺す習性があるので、注意してください。庭やベランダに蜂の巣を作るため、知らずに近づいて被害に遭う子供が多いです。針の毒は強くないですが、刺されると痛みを引き起こします。

巣作りが始まる時期

アシナガバチの蜂の巣を簡単に駆除するためには、いつ頃に巣作りを始めるのか把握しましょう。このハチは越冬してから5月の下旬から活動するので、この時期に蜂の巣を作り始めます。蜂の巣が完成する前に女王ハチを捕まえればいいので、5月にトラップを仕掛けておきましょう。6月になると働きハチが増えているので、トラップに大量のハチが集まって襲われる危険性があるので避けてください。

蜂の巣が形成されてしまう前にできること

蜂の巣ができる前に自分でできる対策もいくつかあります。ここで、簡単に取り入れることができるハチ避けグッズを紹介しましょう。

安心できるお庭にする秘訣~ハチの来訪を防ぐグッズ~

忌避剤
忌避剤にはハチを寄せ付けない効果があるため、これを使用することでハチが自宅の庭で蜂の巣を作ることを予防できます。忌避剤の中には、害虫が嫌う煙の匂いを利用したものがあり、保健所などで使われているので効果があると言われています。
スプレー
スプレータイプの殺虫剤を庭に散布することで、周りに薬剤の効果を広げてアシナガバチが庭にこないようにできるのです。スプレーに含まれている成分は、小さい子供に害がある可能性があるので人体に影響のないタイプを選ぶことが重要です。人に優しい匂いのするスプレーがあります。

蜂の巣を作らせないためにしておくべきアクション

アシナガバチ対策として2つの方法を試してみてください。ハチ対策に効果を発揮します。

定期的にスプレーを散布する
アシナガバチが蜂の巣を作らないようにする対策方法には、殺虫剤を定期的に散布する方法があります。殺虫剤に含まれている成分を散布することで、アシナガバチを寄せ付けないようにして蜂の巣を作らないようにできるのです。散布する際は、巣作りされやすい場所や過去にあった場所を対象にすると良いでしょう。定期的に散布しないと効果が薄れるので予防できなくなります。また、雨が降った次の日に殺虫剤を散布すると効果的です。
テープやシートを貼る
子供の場合、殺虫剤を散布すると体に影響が現れる可能性があります。その時期はテープやシートを使用して、アシナガバチが蜂の巣を作らないようにしましょう。テープやシートを貼ることで、巣作りが行なえないように予防できます。これなら子供達が庭で気兼ねなく遊ぶことができ、ハチによる被害が起きないようにできるでしょう。この対策方法は中途半端に行なうと効果がないので、隙間のないよう徹底的に予防しないといけません。
庭
BackToTop